クレジットカード現金化とお金の考え方

クレジットカード現金化を考えてしまう人の場合には、それ以前に金銭感覚を考え直す必要があります。
働いていると収入が一定になり、急に増えたりはしなくなります。
そうなると毎月の収入から、支出も考えて、バランスをとりながら日常生活を過ごしていきます。
しかし、クレジットカード現金化を試そうとしたり、考えたりする場合には、お金が足りない状況になっています。
その時点で、収入と支出のバランスが崩れていて、自分の収入では生活ができない経済的な状況になっているとも考えられます。
理由はいろいろあり、本人に責任のない大きな支出があったのかもしれませんが、それも結果から見ると意味がありません。
経済的な面では結果がすべてで、数字がすべてだからです。
クレジットカードを使いすぎて、現金化するしかないという場合でも、現金化が問題ではなく、そこまで行きついてしまった結果が問題になります。
それは金銭感覚のアンバランスさです。
ですのでクレジットカード現金化は問題の本質ではなく、そこまで行きついてしまった本人の金銭感覚の問題になります。
またお金が足りないという結果に対して、適正な対策を立てることができないという現状が問題になります。
まずは金銭感覚やセンスから正していく必要があります。

もうひとつは計画性です。
計画的に自分の収入を管理できれば、自然に支出も決まってきます。
そうすると何もないところにあると錯覚するクレジットカードの利用限度枠なども、本質を見極めることができるようになります。
クレジットカード現金化まで行かずに、その本知ると理解して、経済的に修正ができるようになれば、本来の収入と支出のバランスのとれた経済状態に回復ができます。
それはマイナスからゼロに戻った状態ですが、少なくとも、スタートラインまで戻り、再出発できるようになります。
人生にはトレンドがあるので、方向性が変われば、その方向で進み続けることができるようになります。